スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7 64bitにTeX環境を入れる

05 04, 2011
今日はWindows7(64bit)にTeX環境を導入しました。
目指す最終形は、Meadowからやてふモードで編集・コンパイル・表示をこなすことです。
参考サイト:
◆Windowsの場合(kakuto3 + Meadow + Yatex) - からすのす
TeX/Windows上でのTeX編集環境

1.TeXを入れる


便利なTeXインストーラがあるのでそれを使ってインストール。
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/index.html
ここの、TeXインストーラ3 (2011/05/04現在 バージョン0.81r6) をダウンロード。
zipファイルを解凍した中の「abtexinst.exe」を実行する。全部デフォルトのままにした気がする。

2.Meadowを入れる


http://www.meadowy.org/meadow/netinstall
ここから「setup-ja.exe」をダウンロードしてインストール。
「パッケージの選択」画面まで進んだら、デフォルトのものに加えて「gnuserv」と「yatex」の2つを追加しておく。
最後にinstall.exeを言われるがままに実行すると.emacsファイルを置く場所を聞いてきますが、僕は事前にcygwinが入っていたので環境変数HOMEがcygwinのホームフォルダ(C:\cygwin\home\xxx みたいな)を指すようになっています。なのでここは.emacsファイルもcygwinのホームに置くことにして、そのままエンターを押します。
インストールが終わったら、環境変数のPATHにインストールフォルダ Meadow\bin を追加します。

3.「.emacs」の設定


.emacsファイルに以下を書き加えます。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;; gnu serv
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

(require 'gnuserv)
(gnuserv-start)
(setq gnuserv-frame (selected-frame))

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;
;;; YaTeX - Yet another LaTeX mode for Emacs
;;;

(setq auto-mode-alist(cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)
(setq load-path (cons "c:/meadow/packages/lisp/yatex" load-path))
(setq tex-command "C:/w32tex/bin/platex.exe")
(setq dvi2-command "C:/w32tex/dviout/dviout.exe")

(setq explicit-shell-file-name "cmdproxy.exe")
(setq shell-file-name "cmdproxy.exe")



いくつかの参考サイトに書かれていたものを、必要最低限の設定(と思われるもの)に絞りつつパスを書き直したものです。今後もTeXインストーラのバージョンアップなどによってファイル構成が変わるかもしれないので、パスは適宜書き直してください。

これで、.texファイルを開くと自動的にやてふモードに入って、C-c t jでコンパイルしたりあれしたりこれしたりできるはずです。ようは64bitとかあんま気にしなくていいってことですね。たぶん。
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in Windows

Windowsでsshサーバを立てるまで

04 25, 2011
研究室のWindowsマシンにリモートログインしたくなったので、やったことのメモ。
全体として、↓のページにお世話になりました。
ウインドウズにSSHサーバーを入れよう !
OSはWindows7 64bitです。

1.Cygwinを入れる


ここを参考にした。
Windows に Cygwin バージョン 1.7 をインストール - 金子邦彦研究室
デフォルトのパッケージのほかに、「openssh」と「cygrunsrv」を追加。

2.sshdのインストール


cygwinの窓で「ssh-host-config -y」を実行。
-yオプションは「すべての選択肢にyesで答える」なので、もしかしたら-yつけずにちゃんと答えていった方がいいかもしれない。でも俺はつけても大丈夫だった。途中でsshd用のユーザが作成されるので、そのパスワードを決めて入力する。

ここまでできたら、「cygrunsrv -S sshd」でサービスを開始した後、「ssh localhost」で自分に接続できるかテストできるはず。

3.鍵の用意と設定


鍵は以前に研究室のほかのLinuxマシンで作っていたものを流用するため、新たには作らなかった。秘密鍵と公開鍵の両方を「C:\cygwin\home\(ユーザ名)\.ssh」に入れる(cygwinをC直下に入れた場合)。鍵ファイルのパーミッションは600に、.sshフォルダは700に指定。
余談ですが、ここで共通鍵のファイル名が間違えて「au to rized_keys」になっていたせいでしばらく引っかかった。ご注意を(笑)。

通信開始時にパスワードではなく鍵で認証するように、下記を参考にsshd_configをいじる。
RSA公開鍵認証の有効化とパスワード認証の無効化 - Gentoo Linuxで無料サーバ
ただし、sshd_configの場所が(cygwinでは?)「C:\cygwin\etc」にあったので注意。

4.ファイアウォールの設定


22番ポートを見逃してもらいます。下記の「外部からの接続」を参考に。
http://greenleaf.sakuraweb.com/index.php?CYGWIN%20sshd
あってるか自信ない。セキュリティ上問題があったら誰か教えてください。

以上です。
外部から接続するときは、まず研究室のsshサーバにリモートログインして、そこからさらにsshでログインしてます。
0 CommentsPosted in Windows
プロフィール

津田沼

Author:津田沼

学生です。ドラムとDTMをやっていますが、多分向いていません。Macを使っています。好きなお笑い芸人はさまぁ~ずです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。