スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 俺アカデミー賞

12 22, 2013
2013年 俺アカデミー賞です.
選考対象は「自分が2013年に初めて観た映画」であり,2013年公開の映画ではありません.




●俺アカデミー賞

ゼロ・グラビティ(2013)



今年はいろんな映画を観てきましたが,まさか最後にこんな映画が観られるとは。せっかく現代に生きているなら急いで映画館へ行って3D版を観ましょう。あまりに素晴らしくて3日後に2回目観に行きました。


●優秀賞

(500)日のサマー(2009)



かわいかった。


バタフライ・エフェクト(2004)



パシフィックリムを観て,何となくこの夏はSF映画をたくさん観ようという気になり,最初に選んだのがこの映画。こんなに「完璧」な映画があるのかと衝撃を受けて,それ以来たくさん映画を見始めることに。欠点としては前半が暗すぎることと,アシュトン・カッチャーがイケメンすぎること。


ミッション:8ミニッツ(2011)



どうも最近の洋画はすぐグロテスクな表現に頼る印象があります。自分の中の「良い映画」の基準の1つとして「万人に勧められるか」というものがあって,きつい表現があるとどうしても他人に勧めづらくなってしまうのですが,この作品は(確か)そういったことがなく,純粋に物語のテンポとテーマ性,映像の美しさで魂を揺さぶってくれるので好感が持てました。この監督は前作も観ましたが,どちらもとても上質なSFで,今後の作品が楽しみです。




映画って本当にいいものですね.
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記
プロフィール

津田沼

Author:津田沼

学生です。ドラムとDTMをやっていますが、多分向いていません。Macを使っています。好きなお笑い芸人はさまぁ~ずです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。