スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesの累計視聴時間を確認する「Total iTunes」を書いた

10 20, 2012
ss.png

先日,僕のiTunesライブラリの楽曲数がぴったり1万曲を突破しました.
1万曲ともなると全曲再生するのに30日ほどかかるようなのですが,逆に僕はこれまでのべ何日間音楽を聴いてきたのか?と疑問に思ったので,それを調べるためのAppleScriptを書いてみました.

ダウンロード

動作環境:最近のMacと最近のiTunes(謎)
以下の環境で動作確認:
OSX:10.6.8 - iTunes:10.5.1
OSX:10.7.2 - iTunes:10.5.3, 11.0

●インストール

「ユーザ/ホーム/ライブラリ/iTunes」 フォルダに「Scripts」というフォルダを作って,そこにダウンロードした「Total iTunes.scpt」を置いてください.アンインストールはscptファイルを消すだけです.
OSX 10.7以降でライブラリが見つからないという人はこのへん:
非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降)

●使い方

その後,iTunesを起動 → 累計再生時間を知りたい曲を選択 → メニューバーのスクリプト → Total iTunesを実行してください.曲が画面に表示されているだけでは処理できないので,きちんと「選択」してください

スクリーンショット(2012-10-20 20.10.38)
実行するとこんなウィンドウが出ます.僕の場合は全体で100日強だそうで,全ての曲を3周ずつくらい聴いたことになります.1万曲で処理に6秒くらいかかるので,もっとたくさんある人はiTunesのハングアップに気をつけて下さい.また,ネットラジオを聴いたときなどにiTunesライブラリにストリーミングURLが追加されている場合がありますが,そのようなストリーミングが選択範囲に含まれていると計算できません

全曲選択せずに,アーティスト単位やアルバム単位で選択するのも面白いでしょう.僕の場合だと,Aphex Twinのあの音楽を15時間聴いたんだなあとか
スクリーンショット(2012-10-20 20.20.49)
DragonForceのアルバム「Ultra Beatdown」だけで13時間聴いたんだなあとかスクリーンショット(2012-10-20 20.22.52)
楽しめます.なんかこれで色々戦えそうですね!

●やっていること

単純に(曲の長さ)×(累計再生回数)を足していっているだけですが,曲の長さが文字列としてしか得られないので,細かいことをやっています.AppleScriptは初めて触ったので,なにか致命的なバグがあったらすみません.責任は負いかねます.
0 CommentsPosted in OSX

html5のcanavsとjavascriptでクソゲー「市村正規」を作った

08 06, 2012
特にこの先使う予定も無いのですが,
何となくhtml5とやらに触ってみたくなったので,
練習がてらクソゲーを作ってみました.

名付けて「市村正規」です.
html5ベースで作ったので,なんとiPhoneからも遊べます!
基本となるインスピレーションは後輩から頂きました.
張り切ってどうぞ.
http://theworldismine.iinaa.net/masanori/ichi.html

※このゲームは制作者の趣味によるものです.
市村正親氏およびその関連団体とは一切関係ありません.

Firefoxの「All-in-One Gesures」でジェスチャ時にコンテキストメニューが出てしまう現象の解決

06 24, 2012
もろもろの事情でずっとFirefox3.6を使っていたのですが,最近
・Googleストリートビューの画面がドラッグで回転できない
・動画のシークバーが表示されない
などの地味な不具合があって,まあ流石に時代遅れなのかなということでFirefox12にアップデート.

ところが,アップデート以降,All-in-One Gesuresを使用した右ボタンでのマウスジェスチャ時に,コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が毎回表示されるようになってしまったのです.今まではジェスチャ入力時は表示されなかったはずなのに...

フォーラムで検索すると,対象のアドオンこそ違うものの同じ現象で苦しんでいる人を発見.そして,同じ方法で解決できました.


MozillaZine.jp :: トピックを表示 - Scrollbar Anywhere/右ドラッグでメニューが出る

自己解決しました。
オプション>コンテンツ>JacaScriptの詳細設定>コンテキストメニューを無効化~
をオフにしていたためでした。

(原文ママ)


一見すると通常の右クリックも抑制されそうな設定項目名ですが,何も問題なく動作します.というわけで無事解決.僕の環境(OSX 10.6.8,Firefox 12.0)ではデフォルトでオフになっていたのですが,デフォルトの設定が変わったんですかね?

--------

余談.

実はこの問題はFirefox4くらいからあったはずです.初めに書いた「もろもろの事情」とはまさにこのことで,こういった問題点が嫌で3.6に戻して使っていた,というわけです.

他の未解決事項として,「Firefoxを閉じた状態で外部アプリケーション上のURLをクリックした際,当該ページではなくホームページが表示されてしまう」問題があります.3.6から12までバージョンが上がってるんだからどこかでデバッグされてもよさそうなもんですが,されてないということは僕の環境だけの問題なんですかね?誰か助けて下さい...

0 CommentsPosted in OSX

Rob Hess氏によるSIFTの実装をOSX SnowLeopardにインストール.

09 15, 2011
Rob Hess氏の実装したSIFT特徴のライブラリをOSXにインストールするのに格闘したのでメモ.
環境:MacOSX 10.6.7 Core2Duo
(2012/1/15 追記: 10.7.2でも同様の方法でインストール確認できました)

まず上記のリンクのDownloadからlinux向けの「sift-latest.tar.gz」をダウンロード.
しかるべきところに解凍します.

READMEに従ってOpenCVとGTK+2を入れる.
といってもOpenCVは既に入れてあるので,GTK+2だけをインストール.
(2012/1/15 追記: doxygenも必要になるので入れておきましょう.)

$ brew install gtk+
$ brew install doxygen



ここでまずlibtiffとかlibjpgとかが無いと言われてエラー.あるのに.
よくわからないが一旦それらをアンインストールしてもう一度入れ直したら治った.

というわけで,環境が整ったのでSIFTのビルドに臨む.
先ほど解凍したフォルダ(多分「sift」という名前)に移動し,そこでmake,
すると何やら色々とエラー.

まず,homebrewで入れたgtk+は,pkg-config用のメタデータファイル(*.pc)の名前が異なっているので,MakeFIleを修正.先ほど解凍したsiftフォルダにある「src」フォルダに移動し,そこのMakeFileを開いて,6,7行目を

INCL = -I$(INC_DIR) `pkg-config --cflags opencv gtk+-2.0`
LIBS = -L$(LIB_DIR) -lfeat `pkg-config --libs opencv gtk+-2.0`


と修正.

siftフォルダに戻ってmake clean,再度makeすると,

ld: warning: in (色々), file was built for i386 which is not the architecture being linked (x86_64)



というエラー.どうやら僕が以前homebrewから入れたOpenCVは32bitだったらしく,そこで問題が起きた模様.というわけでMakeFileのCFLAGSに-m32と書いて回避・・・となればよかったのですが,なんと今しがた入れたgtk+は64bit版だった(?)らしく,今度は

ld: warning: in (色々), file was built for unsupported file format which is not the architecture being linked (i386)


という逆の内容のエラー!これは詰んだ.

ここで,gtk+は今せっかく入れたので,ここはひとつOpenCVを64bit化してしまおうと思い立つ.
調べてみると,OpenCV本家に「32bit版が欲しければ『sudo brew install opencv --build32』しろ」と書かれていたので,じゃあ逆に64bitが欲しければ--build64かということで,

sudo brew uninstall opencv
sudo brew install opencv --build64


とやってみたら本当に入った.
そして再びmake.

おお,finish!無事成功!
成功しているか確かめるために,

./bin/match beaver.png beaver_xform.png

を実行してみる.

スクリーンショット(2011-09-15 6.14.35)

やったー!


・・・と思ったのも束の間,今度は自作のOpenCVプログラムがコンパイルできなくなる.
64bit版を入れ直したせいだとは思うが,そもそもこのMacは64bitマシンのはずだし・・・
と悩んでいたが,ふと「Snow Leopardは普通に起動すると32ビットモードで起動する」という事を思い出す.
ということでこれを機に常に64ビットモードで起動するようにする.
具体的には,再起動して画面が黒いうちに数字の「6」「4」キーを押し続ける.


うおーー!!!!
動きはええーー!!!
うおーコンパイルもできたぞー!!!
うおー5時だー!!!!寝るーーー!!!
(2012/1/15 追記: このあとマジでゼミに大遅刻したのはいい思い出です.)
0 CommentsPosted in OSX

舞浜フィレコデビュー

06 20, 2011
舞浜でのフィールドレコーディング(通称フィレコ)は年パスを買ったらやりたかったこと第一位だったので,先日PCMレコーダーを購入して本日早速実戦投入です.これで僕も舞浜フィレコ隊の仲間入りです.
愛機はTASCAMのDR-2d.

写真

早速10周年仕様ですね.

というわけで,今日録りたてほやほやのファンタズミック!現地録音ver(の一部)をどうぞ.
なかなか良い音ですね.

プロフィール

津田沼

Author:津田沼

学生です。ドラムとDTMをやっていますが、多分向いていません。Macを使っています。好きなお笑い芸人はさまぁ~ずです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。